睡眠不足は美容の大敵!質のよい睡眠が肌を回復させる

2019/06/24

無添加スキンケア化粧品 トップ - ウェルネス - 良い睡眠が肌ダメージを回復させます

良い睡眠が肌ダメージを回復させる

肌と睡眠の関係は密接であり、睡眠不足は、まさに美容の大敵。睡眠とは「休息」と「修復」の時間なのです。

たとえば、夜更かしをした翌日、一日中体がだるかったり、頭痛がしたりするなど、体調が悪くなりがち。この不調の原因は、夜寝ているあいだに、肌を含む体全体が修復されているからなのです。修復作業は血液を通して行われるのですが、日中は、血液のほとんどが脳に集中してしまい肌には栄養が行き渡らないのです。

睡眠中は、成長ホルモンが分泌され、肌内で細胞分裂が起こり、日中に受けた紫外線や乾燥などのダメージを修復しようと働きます。この肌再生に重要な成長ホルモンの分泌は睡眠直後の約3時間が最も高いといわれています。

肌の再生は、毎晩このようにして行われているので、毎日の睡眠がいかに大切かわかると思います。

肌のゴールデンタイム

夜10~深夜2時は、肌のゴールデンタイムとされ、その間に睡眠をつることが美肌につながると言われています。これは原始の時代から人間の体に刻まれた体内時計にしたがった生活をすべきという説にもとづいた説です。しかし、現代社会でこれを実践するのは困難でしょう。この現代で考えると、だいたい午前0時までに就寝できればいいのではないでしょうか。

また、就寝時刻を一定させることも大切です。毎日寝る時間が異なるのは、体内時計を乱すのでよくありません。成長ホルモンは、体内時計の影響を大いに受けていますから、寝る時間がまちまちですとスムーズに分泌されなくなってしまうのです。

平日寝不足ばかりをして、週末寝だめするようでは肌は美しくならないのです。

ただ眠るだけではダメ!質のよい睡眠が肌を回復させる

みなさんは、深くて質のよい睡眠をとれていますか?肌がもっとも活発に生まれ変わるのは、成長ホルモンの分泌が高まる睡眠直後の約3時間といわれているので、とくにこの時間の睡眠が深くて良質である必要があります。

美肌をつくる質のよい睡眠をとるためには、寝る1時間くらい前から寝室の照明を暗めにしてみましょう。そうすると、メラトニンというホルモンが分泌されて、睡眠への準備がはじまります。もし、外の明かりがきになるようなら、遮光カーテンを使うなど、睡眠を邪魔されない環境に整えて眠ることも大切です。

気持ちよく起きられる睡眠をとることも大事になります。そのためには、眠りのサイクルを調整するといいでしょう。睡眠は、眠りの深い「ノンレム睡眠」と眠りの浅い「レム睡眠」が1時間半ごとに交互に訪れています。したがって、6時間、7時間半というよに、1時間半の倍数で睡眠のサイクルを設定すると、いいリズムになりやすく目覚めやすいのです。

とはいえ、寝始めにやってくるのがノンレム睡眠、目覚めの準備に入りやすいのがレム睡眠ですので、睡眠時間は6時間や9時間といった3時間ごとになるのが理想的です。

目が覚めたら、次の睡眠のリズムに入らないように、体を起こしましょう。部屋を明るくしたり、目覚めに水を一杯飲んだりすると、スッキリと目覚めやすくなります。