皮膚常在菌|健康で美しい肌を作ってくれる細菌たち

無添加スキンケア化粧品 トップ - 皮膚常在菌について

皮膚常在菌について

顔や肌だけでなく、我々人間は体中菌だらけの生き物。
なかでも重要な役割を果たしているのが常在菌です。

洗顔のし過ぎや、身体の洗い過ぎにより、皮膚常在菌の生存に欠かすことのできない皮脂を取り除いてしまうと、肌表面の生態系が崩れてしまい乾燥による肌の痒みや敏感肌になったりすることがあります。また、黄色ブドウ球菌や真菌といった悪臭の元となる菌が繁殖し、不快な臭いを出す原因となります。

このページでは、肌を健康で美しく保ち、バイ菌などの攻撃から身体を守っている皮膚常在菌について、やさしく解説させていただきます。

肌も体も守る皮膚常在菌

常在菌は人体のさまざまな部位に住んでいます。
例えば、大腸や小腸などの腸管には気が遠くなる程の数の腸管常在菌がいるし(人体の全細胞数より腸管常在菌の数の方が多い)、
口腔内にも莫大な数の口腔常在菌が棲息しています。同様に肌には皮膚常在菌が棲息しているのです。

要するに、外界に接触する部分には必ず常在菌が棲み着いていて、病原菌の侵入を防いでいるのです。ちなみに、肌から検出される細菌は皮膚常在菌だけではなく、「通過菌」と呼ばれる細菌が見つかることがありますが、その一部の細菌は人間にとって病原性を持つ病原菌です。

常在菌と通過菌の主な違いは次の通りです。

皮膚常在菌

  • 皮膚が唯一の生活の場所
  • 皮脂を唯一の栄養源とする

通過菌

  • 皮膚は本来の生活の場でなく、一時的に付着しただけ
  • 皮脂を栄養源として利用できない
  • 「肌についている細菌」といっても、もとからそこで暮らしている細菌と、たまたま皮膚にくっついただけの細菌がいて、両者は全く異なった生物なのです。

    皮膚常在菌のエサは皮脂

    皮膚常在菌が栄養源としているのは肌から分泌される皮脂です。
    皮脂腺という毛穴にある組織から分泌される物質で、その成分はグリセリド、遊離脂肪酸類など。この皮脂をプロピオニバクテリウム(propionibacterium)属の細菌(皮膚常在菌で最も数の多いグループでアクネ菌などが含まれる)がエネルギー源として利用し、その結果、オレイン酸やパルミチン酸などの脂肪酸などが分解産物として残ります。すると、そのオレイン酸をまた別の皮膚常在菌が利用してプロピオン酸を放出し、それをまた別の常在菌が利用して・・・という、皮脂とその分解産物の利用ネットワークができているのです。人間の皮膚から分泌される皮脂の徹底利用であり、それにより他種類の皮膚常在菌が生活する生態系になっているのです。

    つまり、皮膚常在菌は皮膚にいるから安泰というわけではなく、皮脂が常に供給されていなければ生きていくことはできないのです。だから皮膚がその条件を満たせなくなれば、常在菌が正常に増殖できる皮膚ではなくなり、その他の最近が生息し始めることになってしまうのです。

    病原菌の侵入を防ぐ皮膚常在菌

    皮脂自体に含まれる酸性物質と、皮膚常在菌が作り出したパルミチン酸やステアリン酸などのさまざまな脂肪酸が皮膚を弱酸性に保っています。皮膚常在菌が作り出した脂肪酸がいずれもph5.0~5.5の酸性物質だからです。この弱酸性というい環境は、皮膚常在菌にとっては最も増殖しやすいのですが、黄色ブドウ球菌や緑膿菌などの通過菌はph7前後の中性環境で生活する細菌であり、酸性の皮膚では増殖できません。

    つまり、皮膚常在菌群は協力し合って、通過菌というよそ者が侵入・定着するのを防いでいるのです。

    皮膚常在菌がいる限り、皮膚から病原菌などが入り込む隙がないということになり、皮膚常在菌が病原菌から私たちの体を守ってくれているのです。皮膚という生態系が守られ、そこで皮膚常在菌が生息していることは、人間が健康に生きていくために絶対必要なことなのです。

    【皮膚常在菌のまとめ】

    肌というのは皮膚常在菌がいて初めて健康な状態を保つことができるのです。
    皮膚常在菌のエネルギー源となる皮脂を提供し、最高に生活しやすい環境を作ってあげれば、その見返りとして他の細菌の侵入をも防いでくれるのです。皮膚は皮膚常在菌とワンセットで初めて皮膚として機能していて、皮膚常在菌なしに人間は生存することができません。洗い過ぎによって皮膚常在菌のエネルギー源である皮脂を奪い過ぎないよう、上手に皮膚常在菌を育ててください。