肌老化の原因と対策

無添加スキンケア化粧品 トップ - 肌老化の原因

肌老化の原因

活性酸素が肌をサビつかせる

活性酸素とは

一般に言う酸素とは異なる、あらゆる物質を酸化(サビつき)させてしまう過激な酸素のこと。

活性酸素は、生命を維持するためになくてはならない物質ですが、過剰に発生してしまうとコントロールできずに正常な肌細胞や組織まで攻撃し、傷つけてしまうという性質があります。

私たちのカラダは、老化の原因となる活性酸素を呼吸するたびに発生させています。
そう、今こうしている間にも…。
呼吸によってとり込まれた酸素の一部が活性酸素に変化し、肌の内側から様々なダメージを与えるのです。

活性酸素は、車の排気ガス・タバコ・バランスの悪い食事・ストレス・アルコールの摂りすぎなどからも大量に発生します。
また、活性酸素は紫外線によっても発生し、肌の奥のコラーゲンを硬くさせたり、メラニンを過剰に作り出したりします。

現代社会において活性酸素の発生原因は多くなるばかり。
カラダに良いとされる運動も、やりすぎると大量の活性酸素を発生させる老化を助長することにもなりかねないのです。

シミ・シワ・たるみの原因にも

活性酸素で酸化したリンゴ発生した活性酸素は・・・
カラダのあらゆる部分を酸化(サビつき)させていきます。

切ったリンゴが茶色く変色する、クギが錆びるのと同じように、肌の細胞も活性酸素によって酸化(サビつき)し衰え、老化します。

皮膚の表皮や真皮を支える土台となっている『コラーゲン』というタンパク質や、真皮表層にあって、みずみずしいお肌を保つ働きの『ヒアルロン酸』、弾力繊維の『エラスチン』などは活性酸素の影響を受け、正常な機能を失い、ハリや弾力のない肌状態になってしまいます。

その他に、活性酸素がお肌におよぼす影響は・・・
皮脂を酸化させシミ・シワ・たるみを引き起こします。

一重項酸素という強力な活性酸素例えば、日焼け後に残るシミ。
それは、肌に紫外線があたることによって一重項酸素という強力な活性酸素が大量発生し、
その活性酸素が肌を老化させ、シミをつくっているのです。

逆に言えば・・・
肌に紫外線がいくらあたっても、活性酸素の大量発生と酸化を防ぐことができればシミはできないわけです。

肌老化対策

抗酸化物質で老化を防ごう

抗酸化とは・・・
肌老化にも深く関わっている活性酸素に対抗する働きのこと。
抗酸化(=アンチエイジング)【anti(抗)+aging(加齢)】。
「歳をとることに抵抗する」ということになります。

抵抗すると言っても、酸素を必要としている以上は活性酸素の害から逃れることはできませんし、老化の方向を逆に向けることは出来ませんが、いくつになっても、みずみずしく、ハリのあるお肌を保ち続けるには、肌老化の原因である活性酸素を取り除く抗酸化力が鍵となります。

肌老化防止に効果のある抗酸化成分しかし40歳を過ぎると・・・
カラダ本来の抗酸化力は衰えてしまうため、積極的に抗酸化成分を補うことが肌老化防止には大切です。

紫外線やアルコールなど活性酸素をつくる原因を避け、抗酸化成分(サビとり成分)を積極的に摂取して老化から肌を守りましょう。

肌のお手入れには、抗酸化力の強い化粧水や美容液が有効です。

毎日のエイジングケアとして、肌老化の原因となる活性酸素を取り除くことで、若々しく、みずみずしいお肌を維持することが期待できます。

抗酸化力の高い食材

老化やガンの原因にもなる活性酸素の被害から体を守るために、抗酸化力の高い食材をまとめてご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしていただき、食事のメニューに積極的に入れてみてくださいね。

にんにく

最も抗酸化力の高い食材ですので積極的にお料理に取り入れてください。
風邪の予防にも効果があります。

キャベツ 

サラダにレタスを使っている方は、キャベツに切り替えてみましょう。

大豆、ショウガ

大豆とショウガも抗酸化力が高い食材。
お味噌汁にショウガを少し加えれば、最強メニューになります。

にんじん

にんじんなどのセリ科の植物は抗酸化力の高い食材です。

他にも、タマネギ、玄米、柑橘類、ブロッコリーやカリフラワーなども、抗酸化力の高い食材です。
ぜひ意識して、毎日の食事にこれらの抗酸化力の高い食材を取り入れてみてくださいね。