ファンデーション|役割,種類,違い

無添加スキンケア化粧品 トップ - ファンデーションについて

ファンデーションについて

ファンデーションの役割とは

ファンデーションは・・・

  • 肌の色ムラをカバーする。
  • ソバカスやシミを隠す。
  • 肌を健康的にみせる。
  • 肌の色を補正する。

など、顔全体を均一色にし、肌の欠点をカバーし、肌を美しく見せる役割があります。

ファンデーションの種類と特徴

これからファンデーションをお選びの方へ
ファンデーションは種類が多く、自分の肌にはどれが合っているのかは簡単には決められませんよね。
このコーナーではファンデーションの種類や、その特徴をわかりやすく解説します。
ファンデーション選びの参考にしてください。

ファンデーションは、大きく分けると「パウダー(粉)」と「リキッド(液)」の2種類に分類されます。
メーカーにより呼び名が異なる場合もありますが、水性なのか油性なのか等で大きな違いが出てきます。

パウダリーファンデーション

粉末を固めた形状になっていて、通常はコンパクトに入っています。
顔料の粒子の表面を油性成分や界面活性剤などでコーティングして、圧縮することで固形にしたのがパウダリーファンデーションです。
リキッドやクリームタイプは、その後にフェイスパウダーを塗らなければなりませんが、パウダリーファンデーションは1つで済むのが特徴。
油分がとても少なく、カバー力は劣りますが、薄付きが好みの方向け。
メイク初心者でも扱いやすく、塗りすぎやムラ付きなどの失敗が少なく、多くの方が一番使いやすいファンデーションと言えるのではないでしょうか。

さらに・・・
パウダリーファンデーションは「水あり」「水なし」に分かれます。

「水あり」はスポンジに水を含ませてから固く絞って使用します。
スポンジが少し湿った状態で使うタイプのファンデーションです。

「水なし」とはスポンジが乾いたままの状態で使うタイプという事になります。

リキッドファンデーション

液状のファンデーションです。
乳液のような軽いタッチの物から重たいタッチの物まであります。
キープ力・カバー力は高めです。
リキッドは肌との密着度が高いため、パウダーに比べると肌への負担は大きくなります。

クリームファンデーション

リキッドよりもかたいクリーム状のもの。
秋冬用の「クリームファンデーション」は、リキッドファンデーションに比べて油性成分が多く、しっとりとした仕上がりが特徴です。

ミネラルファンデーション

後述する、ルースパウダー(お粉)と同じものと考えてください。
お粉に色味のある酸化鉄などの鉱物の粉を増やしたもの。
紫外線散乱剤の配合を増やし、日焼け防止を強化した商品もあります。
化粧ブラシを使用してつけるのが主流です。

エマルジョンファンデーション

クリーム状のファンデーションをプレストしてコンパクトにしたもの。
パウダリーファンデーション同様、コンパクトに入っています。
エマルジョンファンデーションは、肌に伸ばすと液状になり、その後、中の成分が蒸発してパウダー状に変化する、というものです。
パフを使用します。

スティックファンデーション

リップスティックのような形状。
リップスティックのようにファンデーションを出したら、直接肌に塗って手で伸ばすだけ。
携帯に便利で、適量が取りやすく、カバー力は強いのですが、油分が多いのが特徴。

水ファンデーション(水おしろい)

ノンオイルで作られているものが多く、使用前に容器をよく振ってから使うのが特徴。
化粧水に顔料の粉を配合したファンデーション、というイメージです。

以下はファンデーションではありませんが、よく間違われるので説明しておきます。

ルースパウダー

サラサラの粉がそのまま容器に入った、ベビーパウダーのような感じのもの。
「お粉」と呼ばれるのはこのタイプ。
皮脂や汗を吸着してくれるので、リキッドやクリームタイプのファンデーションを付けた後に使用すると、メイク崩れ防止に効果があります。
メーカーによっては、フェイスパウダー、フィニッシングパウダーという呼び名を使っています。

プレストパウダー

ルースパウダーを固めたものです。
固形のため持ち運びに便利。

一番、肌にやさしいファンデーションは?

パウダータイプのファンデーションが肌に優しいのです。

リキッドやクリームタイプのファンデーションは肌なじみがよく、保湿効果が高いというイメージがあるため、乾燥しにくいと思われがちですが・・・
かえって肌を乾燥させることがありますので注意が必要です。

その理由は、リキッドやクリームタイプには界面活性剤が使われているからです。
その点、パウダリーファンデーションなら、あまり水分を含まないので合成の添加物をさほど必要としないので、肌にとっては優しいと言えます。

使用感を優先すると肌にダメージを与え、お肌の健康を考慮すると使用感の悪いファンデーションとなってしまうのです。
「のびが良い」など使用感のよい商品ほどお肌へのダメージは大きいと覚えておいてください。