美容効果の高いオイルについて|お寄せいただいた美容相談

2019/03/26

無添加スキンケア化粧品 トップ - 無料美容相談室 - 美容効果の高いオイルを教えてください

美容効果の高いオイルを教えてください

自分の肌に合った良いオイルを知りましょう

まずはじめに、オイルを手に入れるにあたって、知っておいた方がよいことがあります。オリーブオイル、スイートアーモンド油など、さまざまなオイルは、ヨーロッパではギリシャ、ローマの時代から、食用のほか、美容や医薬品として日常生活で使われてきました。今でも自然食品などで、上質な食用オイルを手に入れ、食べるだけでなく、マッサージやバスオイルなどとしてスキンケアに使い回し、トータルなボディケアをするという習慣を持つ人は、欧米では珍しくありません。

日本でも、食用のオリーブオイルをクレンジング剤として使っている方は多くいらっしゃると思いますが、日本では、法律上「化粧オイル」と「食用オイル」は、製造販売するときの認可制度の関係で、はっきりと別のものとして扱われています。

ある食用オイルをスキンケアに使ってみようと思ったとき、製造販売元に「このオイルで肌をお手入れしてもいいですか?」と問い合わせたとしましょう。たとえ実際には、そのオイルがスキンケアに効果の高いものであった場合でも、その製造販売元があくまでも「食用」として販売しているかぎり、「美容効果の高いオイルです。」といういことは顧客に対して言ってはいけない決まりになっているのです。

化粧用、食用の安全基準は別々に設定されていて、ある場合には、そうした区別がどうしても必要であり、消費者の立場からすると、納得できる面もあれば、線引をされて不便を感じる場合もあります。どちらにせよ、自分の判断と責任による食用オイルの「使い回し」は、買って使う私たちの自由ではありますが、今の法律上、メーカーから「使っても大丈夫」というお墨付きをもらうことはできないのだということは知っておいてください。

オイルを選んだり試したりするときに、手当たり次第ではなく、自分が具体的に何を求めてそうするのかがきちんとわかっていれば不安は解消されるはずです。それぞれのオイルに、どんなパワーがあるのかを、まずは確かめてください。

美しい肌を作る美容効果の高い16種類のオイル

それでは、美しい肌を作るために必要な脂肪酸やその他の保湿成分をたっぷり含んだ美容効果の高いオイルをご紹介します。まだまだ広くは知られていないよういでも、実際には、今私たちの住む便利な日本では、ほんとうにいろいろな種類のオイルが手に入るようになっています。ご紹介するオイルは、肌にぬったとき、保湿力が高く、濃厚なぬり心地のものから順番に並べました。見慣れない名前が多くて戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんが、スキンケアのためには、これを全部手に入れなければならないというわけではまったくありませんので、どうかご安心ください。

  1. オリーブオイル

  2. 椿油

  3. ヘーゼルナッツ油

  4. マカデミアナッツ油
  5. ホホバオイル
  6. スイートアーモンド油

  7. アボカド油

  8. 馬油

  9. 太白ごま油
  10. パンプキンシード油
  11. くるみ油(ウォルナッツオイル)
  12. ククイナッツ油
  13. 月見草油
  14. ローズヒップ油
  15. しそ油、えごま油
  16. 亜麻仁油(フラックスシードオイル)

あるオイルが「肌に合わない」というときに、それがオイルの種類のせいではなく、「分量が多すぎたため」、ということがとても多いようです。「健康な肌が自然に分泌する皮脂の量」は、体全体で1日に平均1~2グラムと言われています。ということは、顔だけのことを考えたら、補うオイルの分量は、ほんとうに少しでいいことが分かります。美容オイルとして必要なのはたったの1、2滴。多くても2、3滴ほど。「必要十分にして最小限にとどめる」という感じで使うほういが、失敗がありません。

美容オイルを使うときには、まず手のひらに化粧水を少し取り、美容オイルを1、2滴落とします。それから手のひらでさっと混ぜ合わせ、今度はそれを顔全体に塗り伸ばしていきます。美容オイルが、手のひらで化粧水と均一に混ざらなくても、まったくかまいません。手のひらで化粧水と合わせながらつけるようにすれば、肌の表面にしみ込んだ水分を飽和状態に保つことができるというわけなのです。