アルブチン(arbutin)について

無添加スキンケア化粧品 トップ - 化粧品関連用語集 - アルブチンとは

アルブチンとは

アルブチンとは、コケモモや梨などに含まれていて、メラニン合成を阻害する効果のある美白成分です。

アルブチンは、1990年、資生堂による申請で医薬部外品として承認された美白成分で、通常はβ-アルブチンを指しています。現在は、その特許期限が切れたために、多くの美白化粧品にこのβ-アルブチンが配合されるようになりました。その後、江崎グリコがβ-アルブチンの10倍以上チロシナーゼを阻害するα-アルブチンを開発しています。

皮膚が紫外線の刺激を受けると、色素細胞内でメラニンが生成されるわけですが、その最初のステップが
アミノ酸であるチロシンというアミノ酸とチロシナーゼという活性酸素の結合です。アルブチンには、活性酸素のチロシナーゼを抑制する働きがありますので、チロシンとチロシナーゼの結合量が減少し、メラニンの生成が抑えられるということになります。