夏バテなのに太る理由

無添加スキンケア化粧品 トップ - ウェルネス - 夏太りの原因

夏太りの原因

猛暑が続く夏に体調を崩す夏バテ。その典型は、食欲不振による夏やせ症状です。

高温多湿になると、ちょっと体を動かせば汗をかきます。汗とともにビタミン類やミネラル、特に塩分が出ていきます。大汗を吸った衣服は白く塩をふきます。大量に汗をかくと、胃液の成分でもある塩分が減って、そのぶん胃液が薄くなります。このため、消化力が落ちて食欲が減退し、夏やせを引き起こすわけです。

かつては、こんな栄養失調型の典型的な夏バテばかりが目立っていましたが、最近は、夏太りする人が増えています。

人間は、何もせずじっとしていてもエネルギーが消費されます。基礎代謝と呼ばれ体温を保つのに必要なエネルギー量です。だから外気が寒ければ、体温との差のぶんだけ、体を激しく燃やさなくてはならなくなります。

反対に夏場は省エネができるので、食べ物からの摂取カロリーは少なくて済むわけです。

夏は体の基礎代謝量が低くなりますが、冷房の効いた部屋で生活していると、体はダルくても、さほど食欲は落ちません。連日、ガンガン飲み食いすれば、消費エネルギーが少ないぶん、太ってしまうというわけです。

夏バテしているのに太ってしまう。これでは踏んだり蹴ったりですね。

レバニラ炒めで夏バテ解消

夏バテの予防解消に特に欠かせないのが、ビタミンB1です。ビタミンB1不足は即、疲労感となって現れてしまいます。上手にビタミンB1を摂ることが、夏バテの防止策になります。

ビタミンB1は、豚肉やウナギ、レバーなどに多く含まれています。しかし、このビタミンは水溶性なので、余分にとっても尿から排出されしまいます。

ただし、ニンニク、ニラ、長ネギ、玉ネギなどに含まれる「アリシン」という成分と一緒に食べると、脂溶性の物質(アリチアミン)に変化します。ビタミンB1を単独で摂るのに比べ、4~5倍も長く体内にとどまって、疲労に対する作用を高めることができす。

疲労回復、夏バテ解消には、レバニラ炒めが最適なのです。