背中や胸にニキビができる原因は?|お寄せいただいた美容相談

背中や胸のニキビはどうしてできるのですか?

背中や胸のニキビの原因は?

顔にできるニキビは食べ物や月経サイクルが原因だと分かっていますが、背中や胸にできるニキビは何が原因になっているのでしょう。
原因の1つに運動による汗や、動くことによる摩擦が挙げられます。

背中や胸はニキビができやすい

背中や胸は、体の中でも顔の次に皮脂腺が多い部位です。そのため皮脂が多く分泌され、ニキビができやすいのです。
予防のためには、皮脂や汗をしっかり落とし、清潔な肌を保つことが大切です。
背中や胸のニキビに悩んでいる人にありがちなのが、お風呂のたびにナイロンタオルでゴシゴシすること。
できてしまったニキビをゴシゴシこすっても、もちろんよくなることはありません。続けているとシミになる場合もあるのです。
体を洗うときは、ナイロンタオルやボディブラシは避け、柔らかい綿タオルを使うのが良いでしょう。こすりすぎず、優しく洗うことがポイントです。

顔にできるニキビと背中や胸にできるニキビ、できる場所は違ってもメカニズムは同じです。毛穴に死んだ細胞や皮脂が詰まることにより、炎症がおきるのです。
よって、背中や胸にできた場合も顔にできたときと同じケアで問題ありません。
洗浄剤としておすすめなのは液体石鹸よりも固形石鹸です。ボディソープは界面活性剤を多く使用しているので、肌に刺激を与えます。ボディソープの多くは洗い上がりにしっとり感を残すために油分が配合されていて、これが肌にのこって油膜をはり、ニキビの原因になることも。

また体を洗ったあとにシャンプーなどをすると、背中や胸にその成分が残ったままになり、それが肌への刺激になります。先に髪を洗ってから、体を洗う方が良いでしょう。

摩擦によって悪化する背中や胸のニキビ

背中や胸のニキビは、汗と衣類の刺激で悪化することもあります。
特に体にフィットするウェアやスポーツブラなど、フィットネスウェアは汗を閉じ込めやすいものが多いです。
その結果、汗がバクテリアや皮脂、汚れなどと混ざってニキビができやすい環境になっているのです。
チクチクしている素材を着ただけで肌への刺激が強くなり、ニキビが増えてしまうこともあります。背中や胸のあたりに直接触れる衣類は、綿素材のように吸収性がよく、肌触りのよいものが選ぶようにしましょう。

夏は朝晩シャワーを浴びて、汗をかいたらこまめに拭き取るように心がけるだけで、ニキビが緩和されることもあります。