メイク用品とクレンジング剤の相性について|お寄せいただいた美容相談

2018/05/02

無添加スキンケア化粧品 トップ - 無料美容相談室 - メイク用品とクレンジング剤の相性は?

メイク用品とクレンジング剤の相性は?

クレンジング剤に含まれる界面活性剤について

スキンケア商品の成分にこだわっている方は多くいらっしゃると思います。お肌をキレイにするために助けてくれるアイテムですものね、こだわりがあって当然だと思います。

最近では、オイルクレンジングはよく落とせますが、脱脂力が強いので避けているという方も多いのではないですか?
確かに、強力な合成界面活性剤が使われているので、お肌のためには避けたほうがいいのですが・・・だからといって、ミルクタイプなどイメージ的にやさしいものを使えばいいわけではないのです。
これにも配合量はオイルクレンジングほどではないですが、合成界面活性剤は含まれているのです。
そして、量が少なければ皮膚バリアを壊さないわけではなく、時間の問題で、使い続ければオイルクレンジングと同じ結果が待っています。

スキンケアの成分にこだわっていてどうしても合成界面活性剤を避けたいのであれば、クレンジング剤を使わないことですね。
でも、クレンジング剤を使わなければ、メイクはきちんと落とすことができませんよね。
あなたならどうしますか?メイクをやめますか?それではなんだか、女性の楽しみを奪われたみたいでさみしいですね。

クレンジング剤を使わない為には

クレンジング剤を使いたくないのであれば、クレンジング剤を使わなくてもいいメイクをすればいいのです!

お肌を美しく見せるために使われているファンデーション、固形のパウダータイプにもリキッドタイプにも合成ポリマーや合成界面活性剤は多く含まれています。
これらは、しっとりした質感やのびの良さ、落ちにくさに重点を置いたウォータープルーフを作るためであり、完璧な美しさを実現するには必要な成分なのかもしれません。
しかし、これらは合成界面活性剤の入ったクレンジング剤でしか落とせません。

では、合成界面活性剤の入っていないファンデーションはないのか?
おしろいなどといわれる軽く色の付いたパウダーは合成のものに比べたら、お肌には安心して使えるものだと思います。

このような、合成ポリマーや合成界面活性剤が入っていないメイク用品は、ファンデーションに限らず、質感としてはサラっとしていたり、ウォータープルーフ効果はあまり期待できませんが、石けんで落とせるものがほとんどです。これはうれしいですね。

なかなか止めることのできなかった合成タイプのクレンジング剤、メイク用品を変えることで止められそうですね。
合成のメイク用品を使わなければ、クレンジング剤も必要ありません。
これだけでも皮膚バリアーを壊す一番の要因はなくなりますので、徐々に荒れていたお肌は回復に向かうでしょう。
これに、手助けの意味を込めて、安心できる成分でできている化粧水や美容液、オイルなどを足して良い状態を保ちましょう。