石鹸の溶けやすさについて|お寄せいただいた美容相談

2018/03/20

無添加スキンケア化粧品 トップ - 無料美容相談室 - 溶けやすい理由を教えてください

溶けやすい理由を教えてください

プレミアムフェイシャルソープに関する問合せ

ジェンティール化粧品のプレミアムフェイシャルソープが「柔らかい」「溶けやすい」というご意見を頂戴します。
合成化学物質などの添加物の入っている一般の石鹸に比べると溶けやすく感じられるかもしれません。 石鹸の硬さは原材料や作り方によって大きく違うのです。

完全無添加で作られた、スキンケア効果の高い良質の石鹸は、柔らかくて溶けやすい性質を持ちます。

プレミアムフェイシャルソープが溶けやすい訳

その1:作り方

ジェンティール化粧品の洗顔石鹸プレミアムフェイシャルソープは、 原材料の油脂を100%石鹸にした純石鹸ではありません。
わざと未反応の油脂が残るように、油脂の量に対するアルカリ成分の量が考えられています。

原材料の油脂の約85%が石鹸になるようアルカリ成分の量を調整して作られていて、石鹸に変化しない残り15%のスキンケア効果の高い油脂は、そのまま石鹸の中に閉じ込められているのです。

スキンケア効果の高い良質な石鹸は、柔らかくて溶けやすい性質を持ちます。

その2:グリセリン

ジェンティール化粧品の洗顔石鹸プレミアムフェイシャルソープは、加熱しないで作る、コールドプロセスという冷製法で作られています。

出来上がった石鹸をさらに純度の高い石鹸にする「塩析」という工程も行なわず、油脂とアルカリ成分の反応だけで作られた自然な無添加石鹸ですので、出来上がった石鹸には副産物として、天然の保湿剤グリセリンが含まれています。

グリセリンは、吸湿性の強い成分ですので、グリセリンを多く含むプレミアムフェイシャルソープは、空気中の水分を吸収する性質を持ち、柔らかく溶けやすいのです。

その3:凝固剤無添加

化学合成成分である凝固剤を入れると、どうしても肌に余計な負担をかけることになってしまいますので、プレミアムフェイシャルソープには凝固剤等の添加物は一切使用されておりせん。
完全無添加で作られた良質の石鹸は、柔らかいので、その分溶けやすくなります。

おすすめの保管方法

プレミアムフェイシャルソープをご使用後は、良く水気を切り、湿気の少ない所に保存することをお勧めします。
締め切ったお風呂場などの水まわりでは、余計溶けやすくなってしまいます。

おすすめの石鹸置き

今お使いの石鹸置きが、石鹸と接する面積が広すぎるタイプのものですと、水切れが悪くなり溶けやすくなります。もし買い直すなら「スポンジ石鹸置き」がおすすめです。

キメの粗いスポンジの上に洗顔石鹸を乗せることで、水切れがよく、早く乾き、石鹸が溶けるのを防いでくれますので最後まで快適に使うことができます。ウレタン素材の物も販売されているようです。