HOME 商品一覧 無料美容相談室 お買い物方法 返品・返金について お問い合わせ 特商法に基づく表示

化粧品に使われる鉱物油は肌に良い?悪い?

ジェンティール化粧品の秘密
無添加スキンケア誕生秘話
お使いになる前に
ご使用方法
お客様の声
お客様インタビュー
自然農法主義宣言

無料サンプルはこちらから
無料サンプルはこちらから
送料無料
ご注文はこちらから 人気No,1スキンケアセット無添加スキンケア基礎セット無添加スキンケア3点セット

無添加スキンケアフルセット
単品のご注文はこちらから
手作り無添加石鹸
無添加化粧水
美白美容エッセンス
無添加美容オイル
ノンケミカル日焼け止め
無添加リップクリーム

0120・76・5812
(平日9~17、土日祝休み)

化粧品の真実

天然クリーム「皮脂膜」

肌老化の原因

経費毒について

正しいスキンケア法

界面活性剤について

合成ポリマーについて

紫外線吸収剤について

美白化粧品について

無添加化粧品について

ファンデーションについて

色素沈着について

クレンジングについて

鉱物油について

顔のたるみの原因

無料スキンケア情報誌

 

関連サイト

無添加スキンケア化粧品 トップ - 鉱物油について

鉱物油について

化粧品に使われる鉱物油(ミネラルオイル)

「鉱物油」と聞くと、肌に悪そうと思ってしまう人が多いかもしれませんが・・・
鉱物油の代表格であるワセリンは医療現場で使われていますし、
流動パラフィンはベビーオイルの原料にもなっています。

鉱物油を使用している化粧品メーカーは
「石油由来の成分が悪いというのは時代遅れ。」と鉱物油の安全性をアピールしています。
自然派化粧品メーカーは「鉱物油は石油由来だから良くない。」と訴えています。

本当のところ、化粧品にも使われている鉱物油は肌に良いのか悪いのかを検証してみました。

鉱物油とは

鉱物油とは、石油からプラスチックやその他工業製品を作ったあとに出る廃油のこと。
廃油を脱色し、精製して不純物を取り除き、無味無臭にした純度の高い油のことです。
「鉱物油」という名前の由来は、石油が分類学上、鉱物扱いされているためです。

鉱物油の良い点

鉱物油は、皮脂とはまったく異なる化学構成をしていますので、肌への浸透はありません。
肌表面に膜を作り、外部刺激から皮膚を守ることが目的であれば最も安全性の高い油と言えます。
病院などで、傷口の保護目的にワセリンが使われますが、
外部刺激から肌を守るには、劣化せずしっかり膜を作ってくれる鉱物油は最適と言えるでしょう。

昔、肌が黒くなる黒皮病というものがありましたが、
原因はスキンケアクリームに含まれていた鉱物油でした。
鉱物油は石油から作られますが・・・
まだ精製技術が低かった時代、鉱物油に不純物が混じってしまって
黒皮病のようなシミが引き起こされたと言われています。

現在の高い精製技術で作られた鉱物油は、長期間劣化しない安定した油と言えるでしょう。

鉱物油の悪い点

鉱物油は肌を保護する効果に優れていますが、保護しすぎて毛穴が詰まり肌トラブルが発生することがあります。
乾燥肌の人が鉱物油を使い続けた場合・・・
肌が自分で皮脂を出す力が弱まり、皮膚の新陳代謝が悪くなり、ますます乾燥しやすくなるケースもあるようです。

鉱物油は浸透性がなく、ずっと肌の上にのっていることになります。
そして、油分の強さは植物油よりも強いため、落としづらいのも鉱物油の特徴です。
鉱物油をしっかり洗い落とすには2~3回以上洗わなければならないはずです。

皮脂とはなじまない鉱物油は肌に浸透しないため、鉱物油入りのスキンケア化粧品は美容効果が期待できません。
鉱物油には、植物油に含まれるオレイン酸、パルミトレイン酸など「必須脂肪酸」と呼ばれるスキンケア効果の高い
栄養成分は含まれていないのです。

鉱物油が化粧品に使われる理由

繰り返しになりますが・・・
鉱物油とは、石油からプラスチックやその他工業製品を作ったあとに大量に出る廃油の事です。
安価で大量生産しやすいため、多くの化粧品にこの鉱物油が使われています。
化粧品メーカーにとって鉱物油は製造コストを下げ利益率の高い商品を作ることができる原材料だと言えます。

その他、鉱物油が化粧品に使われる理由は・・・
つきが良く、伸びのよい化粧品が作れる。
酸化しにくく、保存性の良い化粧品が作れる。
などがあげられます。

例えば「口紅」
口紅に鉱物油を配合すれば、つきが良く、色落ちしづらい口紅を作ることができます。
ただし、落としにくいという欠点がありますので、オイルクレンジングのような強いクレンジング剤が
必要になるわけです。

鉱物油を避けたい方へ

鉱物油を使った化粧品を使うのを避けようとしても、
成分表に「鉱物油」と書いてあるわけではありません。

鉱物油は化粧品の場合、全成分表示では主にミネラルオイルとして表示されますが・・・
他にはパラフィン、流動パラフィン、ワセリン、セレシンのような表示名もあります。

石油化合物の名称を覚えるのが大変なら、石油でもないもの、つまり植物性のものを選べば大丈夫。
「オリーブ油」「ホホバ油」などは、ひと目で安全とすぐわかるはず。
植物から作られた油分は安心して使えます。

最近「無鉱物油」と表示された化粧品が増えてきました・。
これは「石油からできた油をつかっていない」という意味で、化粧品選びの目安になります。